パートナーが浮気していると分かっても夫婦生活を続けてい

パートナーが浮気していると分かっても夫婦生活を続けていきたいのであれば昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはしないほうがいいでしょう。浮気していることが明らかになってしまうと相手が逆ギレしてしまって、別れなければいけなくなってしまうかもしれません。
それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が発覚してしまった場合、別れるべきか否か迷って決められないですよね。そうならないように、探偵事務所に依頼の電話をかける前に、一度考えてみてはいかがでしょうか。法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚してしまうのも一つの案です。
尾行代金が時間によって設定されている場合、探偵が尾行を行う時間が長いよりも短い方が、お金がかからなくなります。
したがって、尾行依頼を探偵にするとすれば、日常からパートナーの行動を調べておくことが重要です。その結果から、怪しいと思われる時間帯や曜日に絞って探偵に尾行を依頼すると、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、お互いのメリットとなります。
まず探偵に関して言うと、怪しいと思われることを避けるためにきめ細かく配慮しながら根気よく調べていきますが、興信所はというと、身辺調査・企業調査を依頼される傾向があるため、まず身分を明かしておいて公然と調査を行うことが多いです。
すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、他方、情報を収集するような調査は興信所が得意と、おおまかには考えられます。携帯電話の通話履歴から浮気の証拠がつかめますね。なぜなら、ケータイを浮気相手との連絡手段に使われるのが当然だからです。
今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をする事も多くなりましたが、浮気相手の「声」を聞きたくなるのは当たり前です。
ふとした時に電話している可能性は十分考えられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です