ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って修羅

ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って修羅場と化すシーンは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。
ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、殺傷沙汰にまでなってしまうプロットもサスペンスにはありがちです。
情事の現場へ乗り込むのも1つの方法でしょう。離婚まで覚悟しているならば、試してもいいと思います。同一電話番号から電話を頻回にまた、掛けているまた掛けていたりするとその電話の相手が浮気相手という確率は大いにあるでしょう。その後、その電話番号の持ち主を断定することができますね。
ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、浮気相手との電話の後には電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。
パートナーが浮気していると分かっても結婚生活を解消したくないのなら浮気現場を押さえようとすることはやらないほうが無難です。
浮気していることを指摘された結果、パートナーの感情を逆なでしてしまい、離婚を避けられない事態に陥る可能性を否定できません。
その上、浮気相手との会話によって精神的に、大きく消耗することになります。