結婚している相方が、浮気しているときでも結婚

結婚している相方が、浮気しているときでも結婚生活を解消したくないのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはするべきではありません。
浮気していることを指摘された結果、妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまう可能性を否定できません。それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に追い詰められてしまうかもしれません。
浮気調査は第三者に任せるべき理由は冷静でいることが難しくなってしまう可能性は否定できません。 強い心を持っている人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が発生することも多いのです。貴方自身のためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。浮気の調査を探偵に任せ、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。
相手が信頼できなくなってしまったら死ぬまで一緒にいるとなるとストレスは相当なものになりますから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。
あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求すると二人が別れることは間違いないでしょう。