不倫の場合、慰謝料の相場は200万

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、ケースによっては400万円くらいのこともあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。
また、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには必要なのは証拠です。第三者からみても明白な不倫の証拠が必要です。
不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。
婚姻解消したいのか、不倫相手に慰謝料を払わせたいのか考えてから相談するべきです。
もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、探偵や興信所に相談しましょう。
相談者が女性のケースでは、近所の奥さんや友人に相談してしまう人もかなり多いですが、噂されたくない場合には、絶対にいけません。
慣れないことを自分でやるよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。
探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。
自分が浮気の証拠をつかもうと調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。
だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実はないと逃げられたら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。
あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。しかし、まだ浮気が確定でない場合には、本当に浮気なのかを調査員が1人で再度計画を立てて調査の方法や人数などを決定します。
どれぐらいの期間、浮気調査にかかるのかというと、普通は3〜4日が目安です。
しかしこれはあくまでも一般的なケースです。浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあることも覚悟してください。
逆に、怪しい日が特定済みの場合は、1日だけで浮気調査が終わってしまうこともあります。